カテゴリー「Twitter」の8件の記事

2011.07.26

ツイッターの限界?

ツイッターの日本での利用者数はいまやミクシィを超え、
急成長しているが、本国では創立者たちの「内紛」が続き、
そもそも何をめざしているのかわからないという声もある。

●停滞気味の米ツイッター


続きは、こちらです。

この原稿は有料化しました。 

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.688)

2011.07.20

ツイッターで未来がわかる

ツイッターは、個人利用者にとって情報の宝庫であるばかりではない。
ツイッターは「大衆の叡智」を実現するための宝庫でもある。

●ネットの「未来予測」の仕組み

 ここ何回か書いてきたように、ツイッターによって公的な地震速報より早い速報ができるばかりか、ニュース・メディアもできる。デマかどうかもわかる。ツイッターで何でもできてしまうのではないかという気がしてくるが、未来予測もできるらしい。今回とりあげる研究はそれだ。さすがにそれは無理じゃないかと思うかもしれないが、そうではないようだ。

続きを読む "ツイッターで未来がわかる" »

2011.07.13

すぐれたツイッター地震速報は可能か

ツイッター地震速報の試みはすでにやられてるいるが、
その問題点はどこにあるのか。
また、デマを検知することはできないものだろうか。

●ツイッターのウソ感知の仕組み

続きを読む "すぐれたツイッター地震速報は可能か" »

2011.07.06

「いまどうしている?」が「いま何が起きている?」に変わるとき

ツイッターはさまざまなメディア装置の道具になりうる。
それはツイッターがたんなるおしゃべりツールではなくて、
集団的にファクトを伝える優れた機能を持っているからだ。

●問いを変えた米ツイッター

続きを読む "「いまどうしている?」が「いま何が起きている?」に変わるとき" »

2011.06.28

「EPIC2014」は現実化する?――ニュースを伝える「ツイッター・スタンド」

ネット上のシステムがウェブ情報を集めて記事を自動生成する近未来を描いた動画が評判になったが、そうしたことがほんとうに起こるかもしれない。

●「何でもあり」がツイッターの強み

続きを読む "「EPIC2014」は現実化する?――ニュースを伝える「ツイッター・スタンド」" »

2011.06.22

ツイッターはマスパーソナル・メディア?

大半の人は結局ごく一部のツイッター・セレブの発言を読んでいるだけじゃないかという批判は当たっているが、
非セレブに影響力がないわけでもないらしい。

●群を抜いて高い「ツイッター・セレブ」の占有率

続きを読む "ツイッターはマスパーソナル・メディア?" »

2011.06.14

ツイッターはソーシャル・メディアというよりニュース・メディア?

ツイッターは人とのつきあいを深めるメディアと見られているが、
ほかのソーシャル・メディアとは違った特性があると指摘されている。

●過去よりもいま――リアルタイム性を強めたウェブ

続きを読む "ツイッターはソーシャル・メディアというよりニュース・メディア?" »

2011.06.07

新たなインターネット――ツイッターがツイッターになったとき

タクシーの配車の無線通信から思いついたツイッターは、
同社の幹部たちが地球の鼓動や神経系をめざすと言う
新たなインターネットの誕生を予感させるものになった。

●プッシュ型情報装置の強み

続きは、こちらです。

この原稿は有料化しました。 

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.681)

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31