カテゴリー「ライブドア」の16件の記事

2006.03.10

ライブドア事件と「野放しの資本主義」

規制を解き放った社会の是非が、ライブドア事件を
きっかけに議論されている。
「世直し」のために
”最強の組織”も実力行使を始めたが‥…

●新しいメディアはお金になるか?

 ホリエモンの逮捕から何週間か経って、しだいにわかってきたことがある。

続きを読む "ライブドア事件と「野放しの資本主義」" »

2006.03.03

ブログによって事件が解説されてしまう時代が本格的に始まった

ブログは、マスメディアによるものよりもおもしろく、
深い解説をしている。あらゆる専門家がそろっている
ブログの強みがライブドア事件でも発揮された

●予定調和のない解説

続きを読む "ブログによって事件が解説されてしまう時代が本格的に始まった" »

2006.02.24

感情的な報道が行なわれる理由

ホリエモン逮捕をめぐって数多くの意見が出たが、
意外に見逃されていることもある。
在米の弁護士が、目からウロコが落ちるような指摘をしている。

法律の専門家もよくわからなかったライブドア報道

続きを読む "感情的な報道が行なわれる理由" »

2006.02.20

ライブドア事件についてのアンケート

ライブドアのアンケートに答えました。

【追記――2006.3.4】

 数日前に西村博之さんに会って、アンケートで触れた「未来検索」は、西村さんたちの会社「未来検索ブラジル」がやったことに気がつきました。

(アンケートページにも追記代わりに、トラックバックしておきます)

2006.02.17

ホリエモンの裏切り

ホリエモンの悪巧みとされる行為が次々と
報じられているが、もしそれが事実だとすれば、
ここ数年の大騒ぎはいったい何だったのだろう

IT企業とグレーゾーン

続きを読む "ホリエモンの裏切り" »

2006.02.10

よくわからないけど、ともかくホリエモンは悪い‥‥のか?

もてはやしぶりから罵倒への、
ホリエモンの扱いの変化はすさまじい。
こうした変化を生んだものは何なのだろう?

ホリエモン人気はメディアがちやほやしたからじゃない

続きを読む "よくわからないけど、ともかくホリエモンは悪い‥‥のか?" »

2005.04.15

ライブドアは「世界にひとつだけの花」?──拡大するポータルサイト

日本でもアメリカでも、ブロードバンドが浸透し
ポータルは動画コンテンツに熱い視線を注いでいる
多様なサービスを盛りこんでポータルはどこへ行く?

●アミューズメントパーク・サイト

続きを読む "ライブドアは「世界にひとつだけの花」?──拡大するポータルサイト" »

2005.04.08

会社は株主のものか

フジテレビはそんなにライブドアを嫌わなくたって
いいじゃないかと思うけれど、“会社は株主のもの”
という発想のウソ臭さも大反発の原因のひとつかも

●「ライブドア・ドラマ」が終わらないわけ

続きを読む "会社は株主のものか" »

2005.03.29

ニッポン放送がフジテレビと戦うとき

ニッポン放送はフジサンケイグループに何とか
残ろうと必死だが、ほんとうに
フジテレビと思惑が一致しているのだろうか。
(週刊アスキー「仮想報道」第.380回)

●フジテレビはニッポン放送を守るつもりがあったのか

続きを読む "ニッポン放送がフジテレビと戦うとき" »

2005.03.24

ネットの時代にはスクープに価値がなくなる?

ホリエモンのメディアについての考えは、
いかにもどこかから取ってきたようでありながら、
率直な物言いが時代の雰囲気を突いてもいる
(週刊アスキー「仮想報道」第379回)

●ニッポン放送だけでも十分

続きを読む "ネットの時代にはスクープに価値がなくなる?" »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31