カテゴリー「ウィキリークス」の8件の記事

2011.10.13

ウィキリークスの終わりの始まり?

ウィキリークスは、情報提供者の身を危うくする未編集の文書の公開を始めた。
これまで協力していたメディアも強く批判し始めた。

●ネットの海に流れていた未編集の文書

続きを読む "ウィキリークスの終わりの始まり?" »

2011.05.30

ウィキリークスの行き着く先は?

カリスマ的人物によって組織が運営されている場合、
その人物に問題があるとそこがデッドエンドになる。
ウィキリークスもそうした難題を抱えているようだ。

●ウィキリークスの未来は暗い?

続きは、こちらです。

この原稿は有料化しました。 

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.680)

続きを読む "ウィキリークスの行き着く先は?" »

2011.05.26

強力な無国籍メディアは簡単にできる?

無国籍のメディアは、政府や法律の束縛を受けず、
強力かつ自由でありうる。
そんなメディアはいかにしてできるのか。

●無国籍メディアの強み

続きは、こちらです。

この原稿は有料化しました。 

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.679)

2011.05.18

米メディアの不安――反ウィキリークス・ムードのなかで

ウィキリークスと組んだニューヨークタイムズは、
世論の厳しい批判にさらされるのではないかと
ジレンマと不安感に苛まれている。

●ウィキリークスはパートナーたり得ない

続きを読む "米メディアの不安――反ウィキリークス・ムードのなかで" »

2011.05.16

尖閣ビデオをユーチューブに流した理由

尖閣ビデオをユーチューブに流した海上保安官が出した本のなかで、
その理由を詳細に語っている。
現在の情報漏洩者はどういったことを考えるのか。

●ネットがメディアと情報提供者の関係を変えた

 以前ウィキリークスを取り上げたときに、こう書いた。

続きは、こちらです。

この原稿は有料化しました。 

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.677)

2011.05.09

ウィキリークスはメディアをどう利用したか

一次情報を見つけることに精力を注いできたのが
これまでのメディアだったが、ウィキリークスは
そうしたメディアのあり方を一変した。

●一次情報ありきのジャーナリズムの誕生

続きを読む "ウィキリークスはメディアをどう利用したか" »

2011.05.01

ウィキリークスは「報道機関」か

ウィキリークスは違法集団だと米政府は批判するが、
その実態は何なのか。ネットの技術を使った新手の
ジャーナリズムだとウィキリークスは主張している。

●情報漏洩は手段にすぎない

「ウィキリークスは報道機関などではない。機密文書のアーカイヴにすぎない」という意見があるが、はたしてそうだろうか。

続きは、こちらです。

この原稿は有料化しました。 

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.670)

2011.03.07

孤独な放浪者――ウィキリークス創立者ジュリアン・アサンジュ

情報の自由を過激に追い求める
ウィキリークスの創立者はいかにして生まれたか。
対抗文化の申し子のような母親に育てられた
孤独な少年の姿が浮かび上がってくる。

●母親とコンピューター文化――アサンジュを育んだもの


続きは、こちらです。

(この記事は登録等は不要です)

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.669)

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31