カテゴリー「サイバー戦争」の10件の記事

2010.06.07

「万里のファイアウォール」vs「アインシュタイン3」

中国の検閲システム「万里のファイアウォール」に
対抗するかのようなファイアウォールにサイバー司令部と
映画もどきのサイバー戦争体制をアメリカは築き始めた。

●中国の壮大な検閲システム

続きは、こちらです。
(この記事は登録等は不要です)

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.632)

2010.05.31

前情報長官の主張する「攻撃的なサイバーセキュリティ」

サイバー戦争の対策が遅すぎると、
全情報機関を統轄する仕事についていた前情報長官が
冷戦時代の「抑止」や
「先制攻撃」まで持ち出して主張を繰り広げている。

●「アメリカはサイバー戦争に敗北しつつある」

 続きは、こちらです。
  この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.631)

2010.05.25

サイバーセキュリティを大きな政策課題にしているオバマ

日本ではあまり報道されていないが、オバマは、
サイバーセキュリティの重要性を認識し、
かなり遅ればせで難航しつつも、対策を練っている。

●「サイバーの帝王」はお飾り?

 アメリカ政府のサイバーセキュリティをめぐる対策は、かなり難航している。


 続きは、こちらです。
  この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.630)

2010.05.17

アメリカはサイバー攻撃に対処できるのか

アメリカの専門家は、中国からサイバー攻撃を受けているというが、
ではアメリカ政府は、どんな対策を練っているのだろうか。

●アメリカン・スピリットの中国公安ハッカー

 ホームページの内容の改変といったクラッキングをする人間の顔や素性がわかることはなかなかない。
 海の外からの攻撃となればなおさらだ。
 しかし、前回、中国からのクラッキングをしたのがどんな人物かが珍しくわかった。そして、その素性は、はなはだ意外なものだった。

続きは、こちらです。
(この記事は登録等は不要です)

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.629)

2010.05.12

中国担当の元スパイが明かす中国人ハッカーの正体

中国当局とハッカーのつながりはどのようなものなのか。
公安の顧問を名乗るハッカーが、アメリカの元諜報員によって突き止められ、
その活動の一端が見えてきた。

●科学技術先端大学とハッカー

 続きは、こちらです。
  この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.628)


2010.05.04

中国の謎の科学技術先端大学

アメリカのトップクラスの大学が交流し、
マイクロソフトなどのIT企業も研究協力している中国のすぐれた大学が
サイバー攻撃の拠点だというが‥‥

●軍とのつながりを誇示する疑惑の学校

 続きは、こちらです。
 この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.627)

2010.04.26

政府や軍の機密情報を奪い取る周到なサイバー・スパイ

中国撤退をかけてグーグルが問題を明らかにした
大規模なサイバー攻撃の実態を見ると、
ターゲットになったら逃れるのはむずかしいのかも、という気がしてくる。

●それらしい相手のメールにウィルスが‥‥

 それらしい相手からメールが来て、添付ファイルが付いていたら開けてしまう。誰でもするそうしたことをやったために国家機密が奪われる。そんなことが実際に起こっている。

続きは、こちらです。
(この記事は登録等は不要です)

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.626)

2010.04.19

中国のサイバー攻撃とハッカー・コミュニティ

グーグルやアメリカ政府は中国からのサイバー攻撃を
問題にするが、中国のハッカーと当局はどんな関係なのか。
米議会報告から浮かび上がるその実態。

●米議会報告が語る中国のサイバー戦争戦略

 続きは、こちらです。
 この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.625)

2010.04.15

「剣豪小説化」するサイバー戦争

グーグルの中国サイバー攻撃批判に乗じて、
アメリカ政府は、なぜそう強い姿勢を示すのか。
米議会報告を通して見えてくるアメリカの危機感。

●強硬なアメリカ政府

 中国からサイバー攻撃を受けたグーグルが、もはや検索の検閲に応じないと、1月に中国からの撤退も辞さない覚悟で明らかにした。アメリカ政府は、すぐさまグーグルのこの告発を支持した。アメリカ政府のグーグル支持の口ぶりは驚くほど強い。

 ヒラリー・クリントン国務長官は、「これは、たんなる情報の自由の問題ではなくてわれわれが暮らしているのがひとつのインターネットの惑星なのか、それとも、情報やチャンスへのアクセスが、どこに住んでいるかや、気まぐれな検閲しだいなのかという問題なのだ」と述べ、「政治的動機の検閲を拒否することがアメリカのテクノロジー企業のトレードマークになってほしいと思う」と、グーグルに続けと言わんばかりの演説までした。
 アメリカ政府は、一民間企業が提起したことに、なぜここまで強い反応をするのだろうか。

 続きは、こちらです。
 この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.623)

2010.04.05

グーグルは中国からなぜ撤退するのか?

グーグルが中国に進出したのはそもそもなぜなのか。
進出の経緯をたどり直すことで、撤退の持つ意味と今後の課題が見えてくる。
グーグルの中国との戦いはまだ終わらない。

●中国撤退を決めたグーグル

 サイバー攻撃にあい、検閲を求め続けるのなら中国からの撤退も辞さないと1月に言い出したグーグルは、3月22日、ついに中国国内からの検索の提供をやめることを発表した。
 突然、撤退を言い出したようだが、中国への進出を決めた06年から複線は敷かれていた。これから書くように、グーグルはこういった日が来るのを予感さえしていたように見える。

続きは、こちらです。
(この記事は登録等は不要です)

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.624)
*Vol.623は次回公開します

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31