カテゴリー「サイエンス」の4件の記事

2009.12.14

科学技術の苦難の時代がやってきた?

政権交代によって最先端の科学研究も聖域ではなくなった。
世界最速のコンピューター開発の歴史を振り返ってみると、
こうした見直しも必要なのかもしれない。

●科学技術の「公開処刑」

 今年も残りわずかになったが、今年最大の事件は、ここ半世紀の日本で初めての本格的な政権交代が起こったことだろう。
 その新政権が始めた事業仕分けについて、「公開処刑」だという声があがった。
 政権交代はちょっとした革命で、たいていの革命では血が流れるが、「血の流れない革命」にふさわしく、「公開処刑」の対象になったのは、人間ではなくて、政府のお金を使っている仕事だった。
 革命時になぜ見せしめ的な公開処刑が行なわれるのかといえば、それは、革命に到るまでの人びとの鬱憤が溜まっているからだろう。その鬱憤を晴らすために公開処刑が行なわれる。
 日本で溜まっていた鬱憤は、政府が無駄なお金をじゃんじゃん使っているというものだった。自分たちは収入が減り生活のレベルを下げることを強いられているのに、「どうせ出所は税金」とばかりに無意味に使うのは許せない。マグマのようなこうした鬱憤が「公開処刑」への強い支持を生み出した。

 続きは、こちらです。
 この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.609)

2005.07.08

失敗は防げる!?──失敗知識データベース

失敗をデータベース化してその体験を活かし、
失敗を防ごうという試みがはじまっている。鉄道や
飛行機のトラブル続きで、必要性は高まる一方だ‥‥

●脱線事故は珍しくない

続きを読む "失敗は防げる!?──失敗知識データベース" »

2004.07.09

ひとはどうしてお金を払うのか

宝くじの当選確率はみな同じなのに妙にこだわるのは
なぜなのか。「人間という謎」を説くカギを探している
最先端の脳科学者が繰り出す常識を覆す話の数々

●クオリア・ブランドとクオリア研究の関係

 今年の前半、茂木健一郎さんの話を聞いて本にまとめる作業をしていた。茂木さんは、クオリアの研究で知られる脳科学者である。

続きを読む "ひとはどうしてお金を払うのか" »

2004.06.21

地震は予知できない!?

地震予知技術はとても進んだように思われがちだが、
じつはそんなことはない。あやふやな前提で
莫大な予算が使われ続けている。

●地震予知は科学ではないと暴露した本

続きを読む "地震は予知できない!?" »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31