« 世界のなかの日本の電子書籍 | トップページ | 「長尾構想」と本の電子化の命運 »

2010.12.06

電子書籍の「仕掛け人」が語る現状と今後の展開

電子書籍発展を何度も仕掛けた人物が、
3度目の「電子書籍元年」に何が起こるのか、
過去にどの経験を踏まえて語る。

●大手出版社を飛び出した理由

 電子書籍に長く関わりを持ってきて今回話を聞く鈴木雄介イーブックイニシアティブジャパン(以下EBI)会長を知らなければ「もぐり」である。前回の下川和男日本電子出版協会副会長も電子書籍発展のキーパーソンの一人だったが、下川氏が電子書籍のフォーマットなど技術面に強いのに対し、鈴木氏はオーガナイザーとして出版社やメーカーなどに強い影響力を発揮してきた。
 今年も電子書籍元年とメディアは騒いでいるが、じつはこれまでに何度もそう言われてきた。鈴木氏は、私の知るかぎり、少なくとも過去2回の「電子書籍元年」を仕掛けることに成功した。

続きは、こちらです。
この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.652)

« 世界のなかの日本の電子書籍 | トップページ | 「長尾構想」と本の電子化の命運 »

電子書籍」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/50218845

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の「仕掛け人」が語る現状と今後の展開:

« 世界のなかの日本の電子書籍 | トップページ | 「長尾構想」と本の電子化の命運 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31