« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の3件の記事

2010.08.25

「棚からぼた餅」、ヤフーが落ちてきたグーグル

グーグルは7月のふたつの会社との提携・買収によって、
マイクロソフトなど対抗勢力に大きな衝撃を与え、
地理的にばかりか、未来についてもその地位を固めている。
.
●グーグルがついに検索エンジン・シェア9割

続きは、こちらです。
(この記事は登録等は不要です)

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.642)

2010.08.23

グーグル参入で激化する「電子書籍取次」の競争

電子書籍の時代は、書き手と売り手がいれば来るわけではない。
多数の作り手と売り手を結びつける媒介者が必要だ。
グーグルがそうした仕事に乗りだした。

●端末メーカーがコンテンツを決めるのが正しいか

続きは、こちらです。
この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.641)

2010.08.04

グーグルのブック・プロジェクト再上陸

図書館の本をごっそり電子化するグーグルの「黒船」は、
「撃退」されたと思われているが、
かたちを変えてふたたび大規模な本の有料閲覧事業がはじまる。

●「グーグル・エディション」誕生

 大きな図書館の本をごっそり電子化して検索や有料閲覧の対象にするというグーグルの壮大なプロジェクトは、米出版社協会や作家協会に訴えられたが、08年10月には和解案がまとまった。しかし、アメリカ国外の本も対象になるとわかって、日本も含めた国外の権利者などから批判が出た。米司法省も、国外の権利者まで対象にするのは無理があると言いだし、結局、和解案は修正されて、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア4国で出版されたか、09年1月5日までに米著作権局に登録ずみの著作物に限定された。日本のほとんどの本は対象ではなくなって、和解はアメリカの裁判所の承認待ちの状態になっている。

 グーグルは、検索のための電子化や複製は、アメリカの著作権法にある「公正利用(フェア・ユース)にあたると主張している。こうした条文を盾に、日本語の本についても電子化を強行するグーグルは、「黒船」にもなぞらえた。
 グーグルの「黒船」は修正和解案によってとりあえず撃退されたように思われているが、じつはそうではないかもしれない。そうしたことを感じさせる動きが始まっている。

続きは、こちらです。
この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.640)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31