« ソニーの読書端末のひそかな有力コンテンツ | トップページ | 9割の人が課金を拒否しても成り立つ新聞サイトの有料化 »

2010.06.29

コンテンツ制作者の立場が弱いのはなぜか

ネットでは流通・配信を担うグーグルを始めとする
アメリカのプラットホーム企業が圧倒的に強い。
そんな構造はおかしいと主張する本が現われた。

●新手(あらて)のネット失望論

 ネットに詳しい人たちが、ネットのありようを批判する流れが出てきたと本欄で書いたのは、一昨年ぐらいのことだった。それ以後そうした主張が次々と現われた。

 続きは、こちらです。
  この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.635)

« ソニーの読書端末のひそかな有力コンテンツ | トップページ | 9割の人が課金を拒否しても成り立つ新聞サイトの有料化 »

ネット・ビジネス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/48749195

この記事へのトラックバック一覧です: コンテンツ制作者の立場が弱いのはなぜか:

« ソニーの読書端末のひそかな有力コンテンツ | トップページ | 9割の人が課金を拒否しても成り立つ新聞サイトの有料化 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31