« 報道機関に絶望したジャーナリズム運動の理論家 | トップページ | インターネットはマスメディアではない »

2010.02.17

ハイパーローカルなジャーナリズムの時代がやってきた?

アメリカでは、衰退していくマスメディアをよそに、
焼け野原に立つ小屋のようなジャーナリズムが生まれ始めている。

●地道な草の根メディアの誕生

 90年代のアメリカで、ジャーナリストたちが市民と積極的にかかわり世論づくりをする「パブリック・ジャーナリズム」の運動が広がったが、結局この運動は失敗してしまったと語る、この運動の中心人物ジェイ・ローゼンのインタヴューを前回紹介した。考えてみれば、この結果は当然かもしれない。
 世論作りもジャーナリズムの仕事と思われているが、報道機関は、世論作りによってお金を得ているわけではない。ニュースを送り届けることによって成り立っている。世論づくりではお金にならず、手間もお金もかかる活動が続かなかったというのは不思議ではない。

 ローゼンの自虐的な感じさえする前回のインタヴューはいささかショッキングだったが、では、こうした運動はほんとうに雲散霧消してしまったのだろうか。

 そうではなかった。
 読者減と広告減の二重苦に見まわれ、アメリカの新聞ジャーナリズムは「焼け野原」状態になりつつある。しかし、こうした焼け野原に立つ掘っ立て小屋のようなメディアがネットを使って生まれ始めている。


続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.617)

« 報道機関に絶望したジャーナリズム運動の理論家 | トップページ | インターネットはマスメディアではない »

メディアの未来」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/47584711

この記事へのトラックバック一覧です: ハイパーローカルなジャーナリズムの時代がやってきた?:

« 報道機関に絶望したジャーナリズム運動の理論家 | トップページ | インターネットはマスメディアではない »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31