« 「ニュース記事は無料」の時代は終わるのか? | トップページ | 科学技術の苦難の時代がやってきた? »

2009.12.07

「エラそう」になるのはイヤだというマスコミ

ネットもマスコミも「正義の使者」として糾弾に走る。
強力な情報発信力を持ったことの宿命かもしれないが、
そうしたあり方についての疑問も出ている。

●「正義の使者」になったネット

 ネットの炎上がさかんに起こり始めたとき、興味深かったのは、しばしばマスコミの悪しき行動の模倣になっていたことだ。

 続きは、こちらです。
 この原稿は有料化しました。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.608)

« 「ニュース記事は無料」の時代は終わるのか? | トップページ | 科学技術の苦難の時代がやってきた? »

新聞」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/46949929

この記事へのトラックバック一覧です: 「エラそう」になるのはイヤだというマスコミ:

« 「ニュース記事は無料」の時代は終わるのか? | トップページ | 科学技術の苦難の時代がやってきた? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31