« アマゾンの読書端末「キンドル」をめぐる意外な話 | トップページ | 広告経済か無料経済か »

2009.11.17

米新聞社「最後の戦い」

ジャーナリズムを講義している教官が、メディアの仕事の魅力を語ると、
「将来性のない仕事を勧めた」と学生の親に怒られる。
そんな時代になってきたらしい。


●有料課金はメディアを救うか?

「最後の戦い」とはなんと大げさなタイトルかと思うかもしれない。しかし、今回書く試みに失敗すれば、さしあたりアメリカの新聞社には経営の展望がなくなるのではないか。


続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.605)

« アマゾンの読書端末「キンドル」をめぐる意外な話 | トップページ | 広告経済か無料経済か »

新聞」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/46767564

この記事へのトラックバック一覧です: 米新聞社「最後の戦い」 :

« アマゾンの読書端末「キンドル」をめぐる意外な話 | トップページ | 広告経済か無料経済か »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31