« 無料は未来のビジネスモデルか? | トップページ | 『新聞は必要91%』の波紋 »

2009.11.01

「新聞崩壊」を懸念するグーグル

無料経済の最大の勝者グーグルが、「変節」し始めた。
有力なコンテンツがなくなることに危機感を募らせて、
有料課金の支援に転じ始めたのだ。

●自分たちの「ひとり勝ち」を懸念するグーグル

続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.603)

雑誌掲載時のタイトル「グーグルの『変節』――『オープンは無料ということではない』」は少々わかりにくいので変えました。

« 無料は未来のビジネスモデルか? | トップページ | 『新聞は必要91%』の波紋 »

グーグル」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/46644716

この記事へのトラックバック一覧です: 「新聞崩壊」を懸念するグーグル:

« 無料は未来のビジネスモデルか? | トップページ | 『新聞は必要91%』の波紋 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31