« コンテンツ・メーカーがコンテンツ流通・配信会社に勝てない理由 | トップページ | 「新聞崩壊」を懸念するグーグル »

2009.10.26

無料は未来のビジネスモデルか?

「無料が未来のビジネスモデル」という
『ロングテール』の著者の主張には異論も噴出している。
消費者にとって無料はありがたいが、その問題点は‥‥

●デジタル時代に「鉄則」はない?

 前回とりあげた、「無料が未来のビジネスモデル」という米ワイアードの編集長クリス・アンダーソンの新著『無料──ラディカルな値付けの未来』には批判がいくつも出ている。

続きは、こちらです。
この原稿は有料化しました。
登録をお願いします。

前回は無料で読めます。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.602)

« コンテンツ・メーカーがコンテンツ流通・配信会社に勝てない理由 | トップページ | 「新聞崩壊」を懸念するグーグル »

経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/46568803

この記事へのトラックバック一覧です: 無料は未来のビジネスモデルか?:

« コンテンツ・メーカーがコンテンツ流通・配信会社に勝てない理由 | トップページ | 「新聞崩壊」を懸念するグーグル »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31