« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の8件の記事

2009.10.26

無料は未来のビジネスモデルか?

「無料が未来のビジネスモデル」という
『ロングテール』の著者の主張には異論も噴出している。
消費者にとって無料はありがたいが、その問題点は‥‥

●デジタル時代に「鉄則」はない?

 前回とりあげた、「無料が未来のビジネスモデル」という米ワイアードの編集長クリス・アンダーソンの新著『無料──ラディカルな値付けの未来』には批判がいくつも出ている。

続きは、こちらです。
この原稿は有料化しました。
登録をお願いします。

前回は無料で読めます。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.602)

2009.10.20

コンテンツ・メーカーがコンテンツ流通・配信会社に勝てない理由

 ワイアードビジョンの「広告経済」をめぐるブログを更新しました。
 今回は、コンテンツ・メーカーがコンテンツ流通・配信会社に勝てない理由」です。

2009.10.19

なぜわれわれは高速道路無料化に反対するのか

無料が未来のビジネスモデルだという本が出たが、
この本に書かれていることは、民主党政権下の大問題、
「高速道路無料化」について考える材料にもなっている。

●「無料」と「低価格」はどう違うのか

 「ロングテール」が評判になった米ワイアードの編集長クリス・アンダーソンの新著『無料──ラディカルな値付けの未来』が7月に刊行されて、議論を呼んでいる。

続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.601)

2009.10.15

急成長ニュースサイトの「女王」の華麗な生涯

前回「アメリカの急成長ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』が成り立つ理由」に続いて、7月に書いたハフィントン・ポストについての記事をアップしました。

    *

注目株のニュースサイト「ハフィント・ポスト」の
創立者で編集主幹のアリアナ・ハフィントンは、
調べてみると、なかなかおもしろい人物だ。



●才色兼備のギリシア出身女子大生

 アリアナ・ハフィントンは来年で60歳の「おばさん」だが、若い頃はさぞきれいだったのだろうと思わせる容貌もさることながら、あっという間にサイトを急成長させた手腕はただ者ではなさそうだ。
 そう思って調べてみたら、案の上だった。彼女の生涯をたどることで、こうしたサイトがなぜできたのかが理解できるように思う。


続きは、
こちらです。
この原稿は有料化しました。
ソフトのダウンロード販売などをしているVectorのブログを使っています。

前回のは無料で読めます。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.591)

2009.10.14

アメリカの急成長ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」が成り立つ理由

7月に書いた原稿ですが、アップしていなかったので、2回続けて公開します。

      *

注目株のニュースサイト「ハフィントン・ポスト」は、
そのサイトの性格も、また経済的にも、
創立者で編集主幹の女性に拠っている部分が大きいようだ。

●「私は新聞を殺さなかった、いいわね?」

 今回は、アメリカで急成長しているニュースサイト「ハフィン・ポスト」について取り上げることにしよう。

続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.590)

2009.10.12

テレビドラマがおもしろくなるのはこれから?

テレビは、ネット動画にも視聴者をとられ、いよいよ苦しくなってきた。
なかでも民放のドラマ視聴率の低さは著しい。
苦境に陥っている民放のテレビドラマ戦術は?

●民放のドラマ視聴率が低い理由

続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.600)

2009.10.07

あとになってわかってきた「革命」

「あらたにす」のサイトに、民主党政権と新聞メディアについて、「あとになってわかってきた『革命』」を寄稿しました。

2009.10.04

そうとうに正確だった選挙の賭け予想

以前は、アメリカの大新聞も、賭けのようすを選挙の予測として伝え、
それがけっこう当たって、信用もされていたという。
「予測市場」の意外な歴史。 

●アメリカ建国以来あった予測市場


  続きは、こちらです(この記事は登録等は不要です)。



(週刊アスキー「仮想報道」Vol.599)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31