« グーグルが電話会社の仕事を奪うとき | トップページ | なぜ政策は“パッケージ購入”なのか »

2009.08.23

グーグルの未来を握るネットのオープンアクセス

グーグルは、ネットのオープン・アクセスの維持や発展に躍起になっている。
それはこの点に、グーグルが今後も発展できるかどうかのカギがあるからだ。


●端末ごとに接続料金をとられたのではたまらない

 ネット接続は、いまや端末ごとに必要になってきた。
 ケータイ、PC、ネットブック、それぞれにネット接続が必要だ。しかし、端末ごとにネット接続料金をとられるのではたまらない。どの端末からでも定額で使いやすい仕組みがほしい。利用者にとってさらに望ましいのは、ネット接続がタダになることだろう。


続きは、こちらです。

(週刊アスキー「仮想報道」Vol.594)

週刊アスキー掲載原稿は一部有料化しました。
ソフトのダウンロード販売などをしているVectorのブログを使っています。


この原稿は、「グーグルの次の手は無料のネット接続?」「グーグルが電話会社の仕事を奪うとき」の続きです。この2つは無料で読めます。

« グーグルが電話会社の仕事を奪うとき | トップページ | なぜ政策は“パッケージ購入”なのか »

グーグル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/46004965

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルの未来を握るネットのオープンアクセス:

« グーグルが電話会社の仕事を奪うとき | トップページ | なぜ政策は“パッケージ購入”なのか »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31