« 広告収入で食べているブロガーはどんな人たち? | トップページ | 選挙報道の「傾向と対策」 »

2009.08.03

アメリカで練られている新聞救済策

アメリカの「新聞崩壊」のドラマはさらに進展した。
議会で公聴会が開かれ、救済策が議論され始めた。
その背後でグーグルも独自の救済策を考えているようだ。
グーグルのCEOエリック・シュミットが、ニューヨークタイムズやワシントンポストの幹部とひそかに解決策を相談しているという情報がネットで流れている。
グーグルはすでに通常のウェブ検索でも、検索語に合致したニュース検索の結果は表示している。さらに検索履歴などからその人の関心を推定し、興味のありそうな新聞社の記事見出しを表示し、アクセスを誘導することが話し合われているらしい。

 グーグルのCEOエリック・シュミットが、ニューヨークタイムズやワシントンポストの幹部とひそかに解決策を相談しているという記事「グーグルが、ニューヨークタイムズやワシントンポストと何か話している(Google Talking to New York Times, Washington Post About…Something)」(http://mediamemo.allthingsd.com/20090511/google-talking-to-new-york-times-washington-post-about-something/
 ブログへのポストが遅れ、ちょっと古い話になってしまったが、まだ具体的な対応策は出ていない。


続きは、こちらです。
週刊アスキー掲載原稿は一部有料化しました。
ソフトのダウンロード販売などをしているVectorのブログを使っています。


(週刊アスキー「仮想報道」Vol.588)

 少したまってしまったので続けてポストします。

« 広告収入で食べているブロガーはどんな人たち? | トップページ | 選挙報道の「傾向と対策」 »

新聞」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/45823993

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで練られている新聞救済策:

« 広告収入で食べているブロガーはどんな人たち? | トップページ | 選挙報道の「傾向と対策」 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31