« 選挙報道の「傾向と対策」 | トップページ | グーグルの次の手は無料のネット接続? »

2009.08.07

国会図書館による有料配信決定の記事は誤報のよう

 昨日の日経のスクープ「国会図書館の本、有料ネット配信 400万冊対象、11年にも」は誤報のようだ。
 関係者が否定しており、ほかの新聞も(この記事にあるほど確定しているのであれば容易に確認できることなのに)まったく追随して報じていない。
 個人的にも、これがほんとうなら、つい最近聞いたいろいろな話が、知っていて知らないそぶりで話されていたことになり、人間不信になりそう。(冗談ですが)

 ただ、権利者側を代表して著作物の利用にブレーキをかけてきた文芸家協会の三田誠広氏が、日本版の版権レジストリ(著作権者が出版物をどうあつかうかを登録し管理する組織)の設立には積極的になり、日本での本のデジタルデータの利用の問題に進展する兆しが出てきたことはたしかだ。

 版権レジストリについて動きがあることと、国会図書館の配信プラン(長尾館長の私案)の話がごっちゃになって、この記事ができたのではないかというのが現在の推測。

« 選挙報道の「傾向と対策」 | トップページ | グーグルの次の手は無料のネット接続? »

デジタルと本」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31