« Web2.0時代の動画配信 | トップページ | われわれがオウム事件で忘れていること »

2006.06.02

われわれはみな「隠れオウム」の容疑者

有力ブロガーがオウム真理教の信者だとわかった。
その人物への4時間にわたるインタヴューが、
ネットに掲載されて、話題を呼んでいる。

●暴かれたオウム信者のブログ

 松永英明氏は、オウム真理教内で編集の仕事にかかわり、オウムの出版社の社長を務めたりしながら、その事実を秘して精力的にブログを書き、有力なブロガーの一人と見られていた。一般の出版社からも何冊も本を出している。
 そのうちの一冊は私も読んでいた。きちんとした本で、有能なライターのように感じられた。
 それだけに、フリージャーナリストの野田敬生氏の追及で、オウム真理教の信者だったとわかったときにはびっくりした。

 暴かれたその素性は、ネットのディープな情報に通じている人々にはさらに驚くべきものだった。
 松永氏は、96年から2000年まで「河上イチロー」という名前で、公安や内外の政府の諜報活動について異様に詳しいサイトを作っていた伝説的な人物だったのだ。特異な内容から注目を集めたものの、オウム信者であることがわかってネットから消えてしまっていた。

 「河上イチロー」名でサイトを作ったのは、オウム真理教が取り締まり対象になる破防法に反対するための「情報戦」の意味があった、と松永氏は後述のインタヴューでも証言しているが、河上イチローがオウム信者だとわかったときには、そうした見方も知れ渡っていた。
 「情報戦」に格段の興味を持ってきた人物であるだけに、松永名での活動にも疑惑のまなざしを向けられた。

 松永氏の素性の発覚の余波は、ネットの内部にとどまらなかった。自民党や民主党が行なった有力ブロガーたちの集会に、彼が参加していたからだ。な ぜそうした「政治参加」をしたのか、何か企みがあるのではないかと疑られる一方で、そうした「危険人物」を近づけた政党は(とくに民主党は偽メール事件で 世間の批判を浴びていたときでもあったので)、ガードの甘さがネットで非難されもした。

 民主党のこの集まりでブロガーたちに声をかけたのは、有力ブロガーの一人・泉あい氏である。
 泉氏は、「ものすごくお気楽なおばちゃん OL」だったというが、一昨年38歳のときにジャーナリストになることに目覚めて、昨年1月からネットを舞台に活動を始めている珍しい女性だ。記者クラブ 問題については大新聞社とその記者たちを、総選挙のさいには政治家たちを、ネットでの声援や示唆をもとに取材し、その結果をネットで報告し続けた。ネット 時代の新しいジャーナリズムのあり方を感じさせ、人気を集めていた。

 ところが、民主党の集会の「仕掛け人」になって松永氏にも声をかけたことから、オウムと関わりがあるのではないかと疑われ、逃亡している女性信者と似ているとあらぬ疑いまでかけられることになった。

 こうしてあらためて書くと、何とも唐突な経緯に思われるが、松永氏がオウム信者であるとすぐには信じられなかった泉氏が、すばやく明確な対応がで きなかったこともあって、泉氏に対するこうした疑惑を信じる人はけっこういた。「知る人ぞ知る有名ブロガーが隠れオウムだった」ショックが、息を呑んで経 緯を見守っていた人々の間にも一種のパニック心理を引き起こしていたのかもしれない。
 泉氏はショックで寝こんでしまったりもしたようだ。しかし、立ち直って、松永氏へインタヴューした。

●「オウム信者でないこと」を証明できるか

 実質的により深刻な被害を受けたのは、泉氏にサーバーを貸していた男性かもしれない。「この男性こそが、『オウムの謀略』をたくらんだ黒幕」といった声が上がり、憶測にすぎないそうした話もネットで広まった。

 これまた唐突な疑いに思われるが、泉氏のブログに書かれたこの男性自身の文章によれば、こうした話には会社が神経を尖らせるシステム関係の仕事をしていたこともあって、結局、会社を辞めなければならなくなったという。 
 疑惑を知った会社は、オウムと無関係だと証明するよう求めてきたそうだ。 
 しかしこれは、言うはやすく、行なうのははなはだむずかしい。
 この男性は、オウムと関わりがないことを警察に証明してもらおうとしたところ、警察は、「まず、あなたがオウム信者でないことを警察に証明してください」と言ったという。
 笑い話のようだがほんとうにそうなのだ、と書いている。

 警察は、「隠れオウム」を全員知っているわけではないかもしれないし、知っていたとしてもそうした微妙な情報を持っているとは言いたくない。だから、嫌疑を晴らすことまではしてくれないわけだ。

 さて、そうしたとき、あなただったら、どうやって「オウムでないこと」を証明するだろうか。
 おそらく誰もできないのではないか。
 そういう意味では、われわれはみな潜在的に「隠れオウムの容疑者」だ。
 泉氏やこの男性についての疑いの広がり方を見ると、そうした極端な話が、かならずしも極端とはいえないように思えてくる。

●オウム信者はブログを書くべきではない、か?

 この事件が提起したものはそれだけではない。
 かつてオウムであった人間はどういう行動をとるべきか、もっと具体的に言えば、オウムの信 者はブログを書いてはならないのか、あるいは、もしブログを書くならば、オウムとの関わりを明かしてから書かなければならないのか、という(法律で縛るわ けにはいかない以上)倫理的でしかありえない問いも突きつけた。

 「事件を起こしたオウム関係者はコウベを垂れて贖罪の人生を歩むべき」という事件後のオウム信者に対する世間一般の期待からすれば、明らかにそうすべき だろう。しかし、そうするのが望ましいとはいえても、そんな法律はないし、押しつけることもできない。今度のように、その正体を追及するジャーナリストが 現われて、思いがけず明らかにすることがなければ、とくにブログのような場所ではそれですんでしまう。

 有力なブログの書き手が現われ、強力な言論の場になっていけばいくほど、思いがけない書き手が思いがけない発想や意図からネットを利用する、ということは起こるだろう。

●語られた教団内部の状況

 松永氏に対するインタヴューを読むと、信者たちはいまもって、数々のテロ行為と自分たちの知っているオウム真理教との結びつきをはっきり感じとれずにいるようだ。
 「ほらみろ、だからオウムはいまでも危険なのだ」と言うのは簡単だが、このインタヴューを読むと、彼(ら)がそうした世間一般の思いとなぜかけ離れた気持ちを持ち続けているのかもわかる。

 これまで発表されたオウム信者へのインタヴューは、追及ムードのなかで行なわれたり、あるいは、「洗脳が解けたオウム信者」という世間の期待の枠 のなかで行なわれることが多かった(数少ない例外は、村上春樹の『約束された場所で』や森達也の『「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔』など だ)。

 このインタヴューは、いくつかの要因が重なったために独特のものになっている。松永氏は、オウム信者であることを隠してブログを書いていたことで、結果的に泉氏たちに大変な迷惑をかけてしまった。そういう負い目もあっただろう。
 また松永氏は、批判的な世間の目を避けて目立たないようにしているという事件関係者の通常の行動パターンをとらず、ブログを書き続け、人前で言葉を発することにも慣れている。
 そうしたこともあってのことと思われるが、事件から時間が経ちいまでは気にとめる人が少なくなってきた教団内部の様子を、きわめてフランクに、ときにあまりに無防備に思える形で語っている。次回は、その内容を紹介しよう。

関連サイト
泉あい氏のブログ「GripBlog」に掲載された(元)オウム信者・松永英明氏へのインタヴュー。 泉氏は、オウム関係者なのではないかと疑われたこともあり、ジャーナリストの佐々木俊尚氏と有力ブロガーのR30氏に依頼し、3人でインタヴューしてい る。泉あい氏のブログは、注目が集まっているぶんだけ風当たりも強い。何をやっても、大きな波紋をよんでしまう。いろいろと失敗はあるにしても、ともかく できるかぎり答えようとしていることは確かだろう。
●ブログ『絵文録ことのは』はじめ松永英明氏の運営するサイト群のトップページ。女子十二楽坊から土佐日記や義経日記などの歴史、さらには育毛剤についてまで、多様なサイトを作っている。その様子を見ると、松永氏の正体を暴露したジャーナリストが、松永氏のことを『きっこの日記』の著者だと見たのも、あながち荒唐無稽とばかりは思えなくなる。

(週刊アスキー「仮想報道」vol.436)

« Web2.0時代の動画配信 | トップページ | われわれがオウム事件で忘れていること »

ブログについて」カテゴリの記事

コメント

ちょっと話が逸れますが、
「スポンタ キーロック」でググっても、
「スポンタ キーロック」でググれば分るという、
スポンタさんの言葉しか出てきませんよ・・・。

再度のコメントありがとうございます。

私自身、2ちゃんねるで襲撃宣言を出されたり、いろいろな経緯があります。それは、「スポンタ、キーロック」とググっていただければ、理解しやすいと思います。

私は映像の人間でもあるので、文章よりも直裁的に伝えるのではない表現メディアと20年以上つきあっています。ですから、明確につたえる技法と明確につたえない技法と両方がある。そして、基本的に、自分の中に何もないものは、人間は理解したがらない。という諦念もある。とはいえ、自分と同じ価値観の人と接しているだけでは進歩はない…。

歌田さんが仰る「文章を推敲せい」について、私は「お前に言われる筋合いはない」とか、「余計な御世話」とひらき直るつもりはありません。それはうちのカミサンにも言われていることだし、お前はコミュニケーションで損をしていると、仕事上の先輩から20年以上言われ続けています。そういう指摘に平身低頭するのは、私の日常でもあります。
しかし、推敲に万全を期すあまりに、発信しないのならば、日本軍が南方戦線で陥った失敗と同じ轍を踏むことだと信じています。(唐突の話題でごめんなさい)

私自身、反発されることを想定しながら書いているし、叩かれることによって、歌田さんと私の立場の乖離がフォーカスされていき、なんらかの「気づき」に繋がるのなら、素晴らしいことだ。と、そう思えています。差分のない個同士のコミュニケーションには価値はない。ですから、今回のようなことが、WEB2.0の実際なのです。WEB2.0批判は私のブログに書きました。http://plaza.rakuten.co.jp/sponta/ 

私は自分の感情はどうでもいい。と念じてネット上で発言しています。ですから、歌田さんの今回の御返事のように、私の気持ちを察したり、自分の感情を吐露したり、そういうことに価値を見出しません。妙なたとえ話かもしれませんが、それは、注射が痛いか痛くないかを論じることであって、薬液の効能を論じることではないからです。

歌田さんが今回遭遇している状況の仔細については、私はそれをゴシップだと捉えることにします。ただし、それがあるべき市民参加型ジャーナリズムに悪影響をおよぼさないという限りにおいてです。

次回の記事はすでに校了しているのかもしれませんので、それはそれとして、折角M氏のことを取り上げたのならば、市民参加型ジャーナリズムについて、総括されるような記事をぜひとも書いていただきたいと願っています。

そこで歌田さんの見解が述べられるならば、M氏のことなどゴシップでしかない。そのように多くの人が認めると思っています。

中村厚一郎さん

 読み手が誤読するのは、おっしゃるように勝手ですが、書き手が、それは誤読だということもまた必要なら言う自由はあると思います。かなり重要な点について誤読されて、しかもそれがその部分だけネットに広がるということもよくある状況で、誤読されてありがたがる書き手はいません(苦笑)。

>私のコメントには他の読者にとって有用ではないと暗におっしゃられているのでしょうか。

 ここのところに、いささか心が痛んだので、あらためてお返事させていただきました。

 なぜもうひとつの質問のほうだけに答えたかは、「回答補足」として、先の質問の方にお送りした中で書きましたので、先の質問の方が公開されるようでしたら、そちらでお読みください。そこで書いたように、まったく個人的な理由にすぎません。
 とはいえ、「なぜあれにだけ答えるのか」ということになってくるということがあらためて思い知らされましたので、やはり基本的には、お答えしないことにします。

 どうもこのところすっかり余計なことを言うモードになっているようで、答え始めたついでに書いてしまいますが、(不快に思われたらお許しいただきたいのですが)書かれた文章を読み返されていらっしゃるでしょうか。せっかく書きこんでいただいた文章の意味がよくわからなくて、お答えする以前に、理解できないこともありました。せっかくあちこちで書かれているので、文章を推敲されたらいかがでしょうか。こう申し上げるのも何ですが、私なども、いつまでたっても文章を書くのがうまくはならず(と私は思っています)、毎回、四苦八苦しながら書いています。

ファンとして、何度か書き込みましたが、はじめて返信をしていただきとてもありがとうございます。

「松永氏を擁護した覚えはないので、質問に答えない」というのが歌田さんのお答えでしょうか。そして、私のコメントには他の読者にとって有用ではないと暗におっしゃられているのでしょうか。
私は、発言において、その発言者が自らの立場(ステークホルダー)を明かすことが読者のメディアリテラシーに寄与すると思っています。そういう意味で、有用であると思い書き込んだのがコメントです。
ステークホルダーについては重ねて論じていますが、ご理解いただけないのは私の努力不足で、いたし方のないことです。

あなたのコラムを知ったのは、私がインプレスTVのインターネットウォッチプラスというストリーミング番組をやっているときからですから、もう、6年のお付き合いだと思います。売店や書店でその都度購入しているので、すべてを読んでいるのではありませんが、私がインターネットを知るうえでの重要なリファレンスのひとつですし、私がライブドアPJに参加するきっかけにもなりました。

誤読とのこと。
しがないビジネスビデオのディレクターの私見ですが、作者には誤読を指摘する権利はないと思っています。作者の放った作品は作者の意図を離れて一人歩きする。作品とはそういうものだと思っています。もちろん、このコメント欄は、作品ではないから、コミュニケーション。永遠のベータ版ですので、ディスコミュニケーションがあれば正せばいいでしょう。

歌田さんは私のブログを読んいないかもしれませんが、私は日本のマスコミが言論の希釈装置であると重ねて論じています。内容はともかくも、その分量が希釈作用を発揮するならば、それは希釈作用が有利に働く人のために書かれたものであろう。という論理です。私が、歌田さんの記事の内容には言及せずに、コメントしたのはそのためです。少なくとも私は、M氏を擁護したととれた。そして、そのことを明確にすることが読者のひとりとして誠実なことだと思った。しかし、それを迷惑というのですか…。作者が作品の感想について迷惑ということの意味が私には分かりません。

勿論、そういう立場もあっていいと思いますが、自分と対立する意見(作者にとって迷惑な言論)に誠実に対峙しない方が、デジタルジャーナリズムを論じる研究会に参加していることに私は危惧を覚えます。
私が、ガ島さんにも、歌田さんにも、デジタルジャーナリズム研究会に参加したいです。と、明確にオファーを出しているのは、その理由からです。(もし、共通の論理軸があるのなら、いまでも参加したいと思っていますが、どうなんでしょうか。私は、「市民参加型ジャーナリズムは、既存ジャーナリズムの延長線上にはない」という立場です。)

私は現在も、対立する意見の運営者に発言する権利を剥奪され、ライブドアPJという市民参加型ジャーナリズムで発言できぬままです。そのような立場に陥っている私は、そのメディアは市民参加型ジャーナリズムではないと断じます。そして、同様なことが他所で起きるならば、早期にただすべきと思っているし、そのために行動しています。
何故なら、そういう失敗の経験の積み重ねが、一般の見解である、「日本に市民参加型ジャーナリズムは成立しない」という思い込みに新たな論拠をあたえるからです。

もっと明確に、M氏との立場を言明していただけると、私のような誤読者も減るでしょうし、読者の利益にも繋がると思います。

余談ですが、私のめざす市民参加型ジャーナリズムは、言論の希釈作用を排する。それがテーマですし、それが21世紀型のメディアコンテンツのテーマだと信じてやみません。

追記:
私は歌田さんのコラムが載っているので、週刊アスキーを買っていました。毎週楽しみにしていました。ですから、歌田さんの社会への影響力をとても感じています。
週刊アスキーの購読者であり、あなたのコラムの読者の一人として、今後ともそのようなことが続くことを祈っております。

中村厚一郎さん

 こんにちは。
 コメント欄は質問コーナーではないので、基本的にお答えはしません。また、グループで動いている方がいらっしゃるようなので、このコメント欄はこれ以後閲覧のみもしくは閉鎖する可能性があります。

 閉鎖する前に少しだけお答えしておけば、私は、どなたかと連動して先の記事を書いたということはありません。
 また、4名が松永氏を擁護しているとのことですが、私に質問されるということは、私も含まれていると言うことでしょうか。少なくとも私は松永氏を擁護した覚えはありません。どこをどう誤読されたのかわかりませんが、勝手に解釈されるのははなはだ迷惑です(ご理解いただけると思いますが)。慎重に読まれることを望みます。

 先の質問状については、質問された方以外にも有益と思われる点もありましたので、今朝お返事しました(そこにも書きましたが、いつも答えるというわけではありません)。もう質問された方に渡っていると思いますし、公開されるということなので、ご関心があれば、そちらのブログでお読みください。

お世話になっております。中村厚一郎というものです。

スポンタというハンドルネームで、ネットが実現できる市民参加型ジャーナリズムは、既存のジャーナリズムやマスコミの延長線上にはないと主張しつづけているものです。
歌田さんのコラムはけっこう楽しみに読んでいて、「少数派に興味や関心を持つのは、未来においても自分が多数派であり続けるための保身的な行為である」という学生の意見に感心されていたことをいまだに憶えています。
さて、今回のオウム関連記述については私はあえて述べないことにしますが、できれば質問をさせてください。

【質問】
デジタルジャーナリズム研究会の出席者15人のうち4名が、M氏を擁護する言論を展開しています。その理由は何なのですか。
「ジャーナリズムとは世論形成の一翼を担うべきもの。もし、ジャーナリズムが、何らかの意見に収斂していかないのならば、それは言論の希釈効果を果たすものであって、ジャーナリズムの阻害要因であり、ジャーナリズムではない」。私は、そのようにニュースとジャーナリズムは違うものだと捉えています。
個々の言論たちが収斂する過程で言論は研ぎ澄まされていくし、その過程で宅急便の小包みよろしく危険思想にはフラジールとのステッカーが貼られる。それが、9.11を経験した私たち社会の当然の対応だと思うのです。今回の四氏の発言は、表現の自由を背負ったものなのでしょうか。しかし、そのような野放しともいえる言論が成立するほど、世の中は健全なのでしょうか。隔絶した島宇宙が突然暴発したのが、オウム事件だとするならば、それがいいこととは私には思えません。

デジタルジャーナリズムの未来において重要案件である、「言論のオープン性の確保と危険思想について」、ぜひともご意見をお伺いしたいと思っています。勿論、これは個人的な興味を満たすためではなく、健全な民主主義にとってどうしても必要な市民参加型ジャーナリズム実現のための重要なリファレンスにするためです。お伺いしたことは、適宜ネット上で公開し、市民参加型ジャーナリズムの早期実現のために資したいと思います。
当方は東京在住ですから、研究会にご招待いただいても結構です。いかがでしょうか。
ネット上での不躾な質問、提案で失礼いたしました。

この記事へのコメントは終了しました。

« Web2.0時代の動画配信 | トップページ | われわれがオウム事件で忘れていること »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31