« 書評が出ました | トップページ | 小さな政府と大きな政府、どちらを望むか? »

2005.09.01

自民党が勝っても小泉首相はいなくなる

日本の社会はすっかり小泉マジックにかかったようだ。
小泉首相の自信には根拠がまったくないが、
熱にあおられてか、そのことが問題にならない不思議。

●誰に投票することになるのかわからないマジック

 こんどの選挙は、すっかり小泉首相のペースで進んでいる。政治家たちだけでなく、メディアまでも、完全に小泉首相の術中にはまっている。
 メディアや政治家は目先の選挙のゆくえを追うのに一生懸命で、その先どうなるかはまたそのときのこと、なのかもしれない。しかし、「目先の勝ち負けがすべて」でないわれわれは、もう少し冷静に先のことまで考えてみたほうがいいのではないか。
 実際のところ、「選挙後」がこれほど不透明な選挙もそうはない。改革を進めるかどうかがかかっている選挙だと小泉首相は言うけれど、自民党の政治家に投票することがほんとうにそうしたことを意味するかははなはだ心もとない。小泉首相ひとりが「自民党の常識」をひっくり返して改革路線を引っ張っている感じだ。その小泉首相は、1年後の自民党の総裁任期いっぱいで退任する、と言い続けている。そのことがまたいっそう不透明さを高めている。小泉首相の根拠のない自信や、メディアの熱狂から少し距離をおくと、自分の一票がほんとうのところ何に投票することになるのか、これほどわかりにくい選挙はないだろう。民営化賛成か反対かの選挙だという小泉首相の言葉のわかりやすさとは異なり、わかりやすいとはとても言えない。
 念のために言っておけば、この欄で前にも書いたように、これまでの歴代の自民党の首相のなかでは、小泉首相はそうとうにいいほうだとは思う。これまでの自民党の首相は、党とか支持母体とか内輪の人間のために政治をしているとしか思えなかった。小泉政権は少々行き過ぎて大衆迎合(ポピュリズム)気味ではあるが、国民に視線を向けて政治をするという当たり前のことをやった稀少価値はある。さらに、竹中平蔵氏がやった金融改革は、明らかに成功したといえるだろう。すさまじい批判のつぶてが飛んで来たにもかかわらずやり通した竹中氏を誉める人は依然として少ないけれど、珍しいほど政治が威力を発揮した。その竹中氏を支え続けたのが小泉政権の最大の功績だろう。銀行の不良債権にたいして断固とした措置をとっていなければ、日本が依然として不景気のどん底近くでもがいていた可能性は高い。従来の政権のように内輪の顔を見回して「なあなあの政治」をやっていれば、日本経済はそうとうにひどいことになっていただろう。
 小泉政権の外交政策などは賛成できないが、経済政策は評価するし、構造改革は進んだほうがいいと思っている。しかし、自民党の政治家に投票して、ほんとうに改革が続行されるのか‥‥となると、そうとうに疑問だ。
 もし自民党が大勝し、公明党とあわせて衆議院の三分の二以上の議席を占めたときには、たしかに当面は小泉首相の思いどおりになる。郵政法案が参院でまた否決されても衆院で再可決できる。しかし、そんなに大勝するとはちょっと考えがたい。小選挙区制度では「なだれ現象」は起きがちだが、小泉首相自身、そんな大勝はありえないと思っている口ぶりだ。設定した勝敗ラインも、公明党とあわせて過半数という控えめなものだ。
 反対に、自公あわせて過半数を割ればどうなるか。小泉首相は退陣すると明言している。民主党が過半数の議席をとれば民主党政権になるのは当然だが、両陣営とも過半数に達しなければ数あわせが始まる。そうなったら、民営化法案反対派がキャスティングボードを握ることになる。もちろん反対派の主張は多様で、改革には賛成だが中途半端な法案に反対という人もいる。しかし、いずれにしても妥協や譲歩が必要だから、どの党が政権についても、改革のスピードは遅くなるだろう。
 自民党と公明党が過半数を超えれば、小泉政権はとりあえず続くと多くの人は信じている。しかし、小泉首相は、来年9月の自民党総裁の任期までで退陣すると言っているから、最長でもそれまでだ。小泉政権への賛成票と思って自民党候補者に投票しても、その票によって支えるのは、むしろ次の首相ということになる。次期首相に誰がなるかはわからないが、小泉首相ほど人気を得られるとは考えがたい。自民党は負ける選挙はしたくないだろうから、おそらくあと4年近く総選挙はない。つまり小泉政権への賛成票は、じつは4分の3ぐらいはポスト小泉政権への白紙委任状ということになる。小泉政権より国民の人気がなく、小泉首相ほど「変人」でもない次期首相は、亀裂の入った自民党内の融和を回復しようとするだろう。民意の反映しない政権が続くことになる。

●そもそも解散する意味があるのか

 まるで忘れられてしまったようだけど、ポスト小泉政権にならなくても、もうすでに参議院では妥協や譲歩が必要な事態になっている。「参議院で法案が否決されたのに衆議院を解散するのは妥当かどうか」が議論されたけれど、妥当かどうかという以前に、衆議院を解散することに実質的な意味があるのだろうか。衆議院で小泉自民党が勝てば、法案に反対した参院の自民党議員も意見を変えるだろうと小泉首相は期待しているが、この期待にはまったく根拠がない。
 今回の選挙のバカバカしさはこの点にある。反対派の頭目・亀井静香氏は、「参院で否決されたのに、衆院を解散するなんて小泉首相は頭がおかしいんじゃないか」と言ったが、理屈としてはまったくそのとおりだ。参院の状況が変わらなければどうしようもない。小泉首相が言うとおり、郵政法案をどうするかということだけが問題なのであれば、本来の戦場は参議院だ。戦場でない衆議院で大砲をぶっぱなしても仕方がない。理屈にならない行動をとった小泉首相は、はたしてほんとうにマジックとも言うべき事態を選挙後に引き起こせるのだろうか。

●総選挙後、起こることと、小泉首相のやりそうなこと

 自民党の執行部が、法案に反対票を投じた議員を公認せず「刺客」を送ったことで、反対派との軋轢は高まっている。自民党が圧勝したからといって、参院の反対派は意見を変えるだろうか。参議院議員の半数の選挙は2年後、残りの半数は5年後だ。いずれにしても小泉首相の辞任後のはずだが、5年後ともなれば、どうひっくり返っても小泉政権は続いていないだろう。さすがの小泉変人首相も、もういちど衆議院を解散することはできないだろうし、参院の反対派は、前回以上に恐いものはないはずだ。前回は17票差の大差で否決したわけだが、いよいよ遠慮なく反対して、法案を葬ろうとするのではないか。けしかけるわけではないけれど、リスクの減ったここで怖じ気づくぐらいの信念だったら、最初から反対票を投じるべきではないだろう。
 参議院は、郵政法案にかぎらず、反対派の自民党議員が賛成しないかぎり、法案はすべて通らない状態になっている。小泉首相が威勢がいいせいでそう感じられないが、亀裂が深まれば深まるほど小泉政権は行き詰まっていくことになる。
 となれば、小泉首相にできることは何だろうか。
 郵政法案も通らず、死に体になってまで1年延命し続けるよりも、政権の最大テーマに据えた郵政法案と引き替えに身を引くことで自民党内の折り合いをつける、というのがいかにも起こりそうなことではないだろうか。
 大新聞はすべて民営化法案に賛成で、小泉自民党の圧勝はまちがいなし、という雰囲気だ。しかし、小泉改革をあてにして投票してみたら、当の小泉首相があっというまにいなくなっていた、という可能性は低くないと思う。結局いちばんの問題は、自民党に投票しても、小泉首相がいなくなれば、もとの木阿弥になることが見え見え、ということだろう。

    *

 改革が行なわれないと見れば売りが増えるはずの株式市場でも株高が続いている。小泉首相の改革路線は続くと見ているようだ。小泉首相の威勢のよさに幻惑されているわけだが、失望に終わったときがこわい‥‥。

関連サイト
●自民党の総選挙サイト(http://www.jimin.jp/)。前回の総選挙では、小泉首相と安陪晋三幹事長(当時)の大きな画像がトップページに現われたが、今回は、髪を振り乱した小泉首相にもっぱら焦点があてられている。
●民主党の選挙スペシャルサイト(http://www1.dpj.or.jp/)。これだけ小泉人気が高まってしまったいま、小泉政権を否定するだけでは勝てないだろう。しかし、ここで負ければ大打撃は避けられない。
●公明党のサイト(http://www.komei.or.jp/index.html)。自民党が単独過半数を回復すれば、影が薄くなる。小泉人気に乗って党勢を拡大しておきたいところだろうが、突然の選挙で準備不足‥‥と言われている。
●共産党のサイト(http://www.jcp.or.jp/)。民主党が比例区の衆議院議員の数を減らすという公約を掲げたことに猛反発している。たしかに比例区の議員定数が減れば、小党は危機的状況になる。
●社民党のサイト(http://www5.sdp.or.jp/)。党存亡の命運がかかっている選挙のはずだが、サイトになんだか元気が感じられないのが気になる‥‥

« 書評が出ました | トップページ | 小さな政府と大きな政府、どちらを望むか? »

社会」カテゴリの記事

コメント

雇用創出プラン(福祉雇用)の提言
◆本当に「雇用のミスマッチ」なのか
世界同時不況による異常な雇用危機に対し、地方自治体が実施しているのは2~3ヶ月間の臨時短期雇用のため、期限到来で終了してしまいます。次の一手をどのように考えているのでしょうか。実際のところ、政府や厚生労働省は掛け声だけで地方自治体に一任(丸投げ)です。マスコミやエコノミストは、人材が不足している「介護・農業・林業」分野に人材をシフトすべきと、ひたすら「雇用のミスマッチ」を訴えています。しかし、この雇用危機に対して、一体誰が真剣に考えているのか疑わざるを得ず、製造業に従事している非正規労働者の生活を真剣に心配しているとは思えません。
雇用創出プランは下記のブログにてご確認下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

「派遣切り」・「2009年問題」・「雇用対策」は何処へ
◆急務は「現在の雇用」
政治(与野党共)もマスコミもジャーナリストも、皆大変だと言葉だけの心配に留まっているように思われます。と言うのは、「労働者派遣法改正案」は見直し審議待ちの足踏み状態で進展しておらず、その先が見えないため、「派遣切り」に歯止めがかかりません。「派遣切り」を加速させている要因は、政府及び厚生労働省の不十分な対応にあるということを理解しているのか疑いたくなります。いったい「雇用対策」はどこへ行ってしまったのでしょうか?とくに製造派遣の「抵触日(3月1日)」が過ぎてしまった現在のわが国において、最重要視されるべき課題はまさに「雇用対策」です。「雇用対策」ができれば、わが国の景気の底支えは可能です。雇用が底支えできれば、将来に対する不安も緩和されます。何といっても一番は「現在の雇用」です。数年先の雇用対策では意味がありません。
◆救済手立ては「雇用創出プラン(福祉雇用)」!
詳細は下記のブログをご参照下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

んーでも任期延長論も出てるみたいですよ。
中曽根さんも選挙に勝って任期延長したしね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/5739809

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党が勝っても小泉首相はいなくなる:

» [opinion]選択肢。 [黙然日記]
歌田明弘の『地球村の事件簿』: 自民党が勝っても小泉首相はいなくなる http://blog.a-utada.com/chikyu/2005/09/post_da3d.html  そうなんですよね。どういうわけかみんな忘れてるようだけど、小泉首相の任期は長くてもあと1年しかない。わたしもこの記事を読むまで忘れていたんで、大きなことは言えないんですが。……なぜ忘れていたんだろう。((この点も考えてみると興味深いのですが、それはまた改めて。))  今回の選挙、郵政改革に関する争点を整理してみると... [続きを読む]

» 破壊者・小泉首相のあなどれない底知れぬ愚かさ [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
ここ一ヶ月近く郵政民営化については 私もいやな予感がして 神経を尖らせて改めて追いかけ直しているところです。だって 郵貯・簡保の膨大な資金量350兆円が動くかもしれないのですよ!お父さん!!! 岡田民主党代表は 個人的には 郵政民営化については賛成だと報道等から聞いています。 民主党のマニフェストにおいても とりあえず向こう3年間(だったかな?)かけて(私の記憶があいまいです(^^;)郵貯の一人当たりの預かり資金を 現在の上限1、000万円から 700万円から500万円へと引き下げるという具体的か... [続きを読む]

» 郵政民営化法案がはらむ危険性(落とし穴)と特殊会計の抱える闇 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
コメント欄を開放してみますと 私のブログの読者の方から鋭い指摘をしていただいて 私の真意が正確に伝わっていなかったことを改めて痛感した貞子からの報告です。 私の自民党&民主党へのスタンスは GLPCさんブログThe GLPCのスタンスに大変近いものがあります。GPLCさんは 自民党および民主党のマニフェストをくまなく読んで ブログで詳細にアップして下すっています。 郵貯・簡保350兆円の資金の民営化には 国債や財投債を買いさえる機関が無くなることになって 数年後には絶望的なインフレは防げないので... [続きを読む]

» 小泉自民党に投票しようとしても無駄らしい [新・非公正ブログ]
いろいろ迷える今回の選挙。まあ改革は結構なことだが、本当に小泉を改革の旗手とみなしてよいのか? さて、尊敬する先輩ブロガーにして経済の専門家である余丁町散人さんは次のように述べている。 対立軸を把握し、自分がどっちのサイドにいるか把握しよう! 自分が既得権者かどうかは、相対的に且つ所得面と支出面の両方から、分析して判断しよう! 短期的損得よりは長期的損得を重視しよう! 1と2は異存ないが、問題は3だ�... [続きを読む]

» 小泉・自民党圧勝というけれど [5号館のつぶやき]
 ようやく終わってくれました。内容に満足しているわけではまったくありませんが、正直言ってほっとした気分です。くだらない選挙に国中が振り回され、国費が750億円以上もつぎこまれ、その上どのくらいになるか想像もできない金が各候補者によってつぎこまれ、テレビ番組がつまらなくなっていた時期が終わってくれたことには素直に喜んでいます。  選挙そのものに対する私の第一の感想は、こんなくだらないことに国力を注いでいていいのか、です。  結果はあんなものですが、それにしても内田樹先生がおっしゃっているよ... [続きを読む]

« 書評が出ました | トップページ | 小さな政府と大きな政府、どちらを望むか? »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31