« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の6件の記事

2005.03.29

ニッポン放送がフジテレビと戦うとき

ニッポン放送はフジサンケイグループに何とか
残ろうと必死だが、ほんとうに
フジテレビと思惑が一致しているのだろうか。
(週刊アスキー「仮想報道」第.380回)

●フジテレビはニッポン放送を守るつもりがあったのか

続きを読む "ニッポン放送がフジテレビと戦うとき" »

2005.03.24

ネットの時代にはスクープに価値がなくなる?

ホリエモンのメディアについての考えは、
いかにもどこかから取ってきたようでありながら、
率直な物言いが時代の雰囲気を突いてもいる
(週刊アスキー「仮想報道」第379回)

●ニッポン放送だけでも十分

続きを読む "ネットの時代にはスクープに価値がなくなる?" »

2005.03.20

ついに電子書籍の時代が始まる

 12月半ばに明らかにされたグーグルのプロジェクトの持つ意味はきわめて大きい。グーグルに協力するオックスフォード大学やニューヨーク市立図書館のスタッフは、グーテンベルクの印刷術の発明にも比べられる事件だとまで言ったそうだが、たしかに本の世界が大きく変わる可能性を秘めている。
 

続きを読む "ついに電子書籍の時代が始まる" »

2005.03.17

テレビとネット、呑みこまれるのはどっち?

テレビがネットを呑みこむのか、ネットがテレビを
呑みこむのか。どちらもだんだん近寄ってきて、
最後には、どちらかが相手をガブリと‥‥なのか?
(週刊アスキー「仮想報道」378回)

●「地上波デジタルは必要ない」とホリエモンは言った

続きを読む "テレビとネット、呑みこまれるのはどっち?" »

2005.03.11

ホリエモンのメディア論

ホリエモンは雄弁に語り続ける一方で、編集の現場を
いかに変えるかについては発言のトーンを抑えている
しかし、その主張はよくも悪くも刺激的でおもしろい
(仮想報道 vol.377)

続きを読む "ホリエモンのメディア論" »

2005.03.04

ホリエモンはなぜ敵ができるのか

ニッポン放送株の突然の増資が認められるのか。
多くのメディアはグレーと言うけれど、理屈が通っているようには思えない。
とはいえ、「シンプル・イズ・ベスト」がモットーだというのに
ホリエモンの行くところ、つねに波紋が生まれる。
何でそんなことになるのか考えてみた

続きを読む "ホリエモンはなぜ敵ができるのか" »

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31