« ひとはどうしてお金を払うのか | トップページ | 本格化する宇宙葬ビジネス »

2004.07.20

反射型表示のゆくえ

 ソニーの電子書籍端末「リブリエ」をしばらく使ってみた。この事業のビジネスモデルについては4月下旬号にあれこれ難点を書いたが、端末の読みやすさは想像以上だった。

「リブリエ」のディスプレイは、米イーインク社の電子ペーパーを使っている。5年ほど前に、この電子ペーパーを生み出したマサチューセッツ工科大学の研究者のところに見にいったぐらいだから、その後の発展はずっと気になっていた。凸版印刷がこの電子ペーパーに多額の投資をしてからは、ブックフェアなど日本国内のイベントでも見ることができるようになったが、この5年で、精細度もコントラストも見違えるようによくなった。ブックフェアなどの展示でそうしたことは感じていたものの、実際に手に取り、電子書籍を読んでみると、こうした表示装置のありがたみがほんとうによくわかる。長時間読んでも、パソコンや携帯機器のように目の疲れることがない。
 紙と比べてどうなんだという言われ方をされることがあるが、紙と比べても仕方がないと思ってきた。イーインク社の電子ペーパーはセルロイドの下敷きといった感じのもので、電子ペーパーといっても紙ではない。電子的な表示装置なのだから、比較するとしたら、まずパソコンや携帯電話のディスプレイとするべきだ。そう思ってきたが、少なくとも目にたいする負担は、紙と同じぐらいに少ない。電車の中などでは文字を大きくするなど、時と場所によって文字の大きさを変えられるので、目の疲れなさは、紙以上といってもいいだろう。
 この電子ペーパーはページ送りをするときのスピードが遅いのではないかと言われていたが、残念ながら、その懸念は払拭されていなかった。「リブリエ」では、きれいな画面表示にするか、ページ送りを速くするかの選択ができるようになっているが、「きれい」のほうを選ぶと、ページ送りのときに、画面が一瞬真っ暗になる。「速い」の設定だとそんなことはないが、こんどは文字がかすれてしまう。処理速度や消費電力とのかねあいの問題もあるのだろうが、さらに改良されていくことを期待したい。ページ送り以外の点でも、「リブリエ」は反応速度が遅く、機能を詰めこみすぎのように感じられた。辞書がはじめから収録されているが、反応速度が遅いのに加えて操作が煩雑で、書籍中の言葉の辞書引きなどはとても実用にはならなさそうだ。こうした欠点はあるものの、少なくとも電子ペーパーの読みやすさについては証明されたように思う。
 電子ペーパーはもちろん米イーインク社だけがやっているわけではない。先端技術に関する本を出しているある出版社が電子ペーパーの技術書を刊行するとのことで、筆者も書くことになって企画書が送られてきたが、そこでも二〇ほどのメーカーや大学の研究者が執筆候補者としてあがっている。いずれも何らかの形で電子ペーパーの研究・開発を行なっているのだろう。この本に寄稿するのは国内の研究者だけだが、電子ペーパーは海外でも数多くの会社が開発を始めている。
 テレビのブラウン管のようなCRTやいまの液晶は、画面の向こうに光源があり、画面を見るときには光を覗きこむことになる。これでは目に優しいわけはない。それにたいし、電子ペーパーは、紙と同じく反射光で読める。
 目に負担が少ない表示装置は電子ペーパーだけではない。液晶でも反射型の開発は進められている。松下の電子書籍端末「シグマブック」にも反射型の液晶が使われている。「シグマブック」は、「リブリエ」に比べるとコントラストが劣っているが、こうした点もだんだんに改良されていくことだろう。
 反射型ディスプレイは読みやすいのだからどんどん普及していくかと言えば、じつはそう楽観はできない。パソコンでも携帯電話でも動画表示が重視されるようになってきている。メーカーは精細度をあげて「動画を見るための装置」にすることには熱心でも、文字を読むことは軽視されかねない状況である。イーインク社の電子ペーパーでもシグマブックの液晶でも、いったん表示されればそのまま表示が固定される省エネ設計だが、変わり続ける表示である動画は電力を使う。こうした点もさしあたり相いれない。「読みやすさ」を必要とする十分な市場がないということになれば先行きは暗いものになる。
 電子書籍の成功は「読みやすい端末」が普及するかどうかにかかっているといったことが言われるが、読みやすさのためには、反射型のディスプレイであることが第一条件だろう。そういう意味では、電子書籍の未来は、反射型ディスプレイの普及にかかっているとさえ言える。電子書籍の発展を出版界が望むのであれば、電器メーカーにこうした表示装置を出す意欲を持ち続けさせる必要があるだろう。
(「出版ニュース」6月下旬号)

« ひとはどうしてお金を払うのか | トップページ | 本格化する宇宙葬ビジネス »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56597/2433691

この記事へのトラックバック一覧です: 反射型表示のゆくえ:

« ひとはどうしてお金を払うのか | トップページ | 本格化する宇宙葬ビジネス »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31