« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月の2件の記事

2004.05.25

誰が何のために電子書籍を読むのか?

 電子書籍端末をめぐる動きが続いている。2月20日の松下電器の「シグマブック」の発売に続いて4月24日にはソニーが電子ペーパーを使った「LIBRIe」(リブリエ)を出す。さらに東芝やシャープなども動いているらしい。

続きを読む "誰が何のために電子書籍を読むのか?" »

2004.05.18

著作権市場の焼け野原から立ち上がるはずだったもの(デジタル証券について最初に書いた原稿)

逮捕されたウィニーの作者は著作権制度を崩壊させ、
新たな制度の誕生を夢見ていた。荒唐無稽だが、
そこにはおもしろい発想が潜んでいる。

●合法的に著作物をただで見れる制度

 音楽を聴いたり映画を見たりするほうは、もちろん、ただで見れるものなら見たい。作ったほうは、これまた当然のことながら、「そんなことをされたらたまらない」と考える。両者が折り合うことはなさそうだ。
 しかし、5月10日に逮捕されたWinnyの作者は、おもしろい提案をしている。

続きを読む "著作権市場の焼け野原から立ち上がるはずだったもの(デジタル証券について最初に書いた原稿)" »

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31